「 パッシブデザイン 」

パッシブデザインとは

パッシブデザインは、自然や環境が持つエネルギー(気温・日射・風など)を最大限に利用し建物を設計することで、エネルギー消費を抑え、快適・安心な生活環境を作る設計手法です。
自然のエネルギーを上手く活用し建物の構造(断熱)に工夫を加えることで、空調機器(エアコン)の稼働を最小限に抑え、省エネルギー効果を高めます。光熱費の軽減が大きく期待されます。
また、室内の気温環境のみならず、日射取得や通風効果もパッシブデザインの特徴です。窓の高さ、配置、サイズを工夫し設計することで、夏の強い日差しを効率よく遮断したり、日照の少ない冬でも十分な明るさを確保することが可能です。

パッシブデザインの概要

パッシブデザインのポイント

ポイント① 断熱

高断熱で省エネ性を兼ね揃えた住宅は、これからの住宅のスタンダードになっていくでしょう。断熱とは住宅の内部の温度を外に伝わりにくくすることです。
夏にクーラーで冷やした空気、冬に暖房で温めた空気を外に逃がしにくくするためには、断熱性能に優れた住宅が必要です。外の暑さ寒さの影響を受けにくくなり省エネの効果も向上します。

【断熱性能 Ua値】

Ua値とは、「外皮平均熱貫流率」のことで、住宅の内部から外壁、床、屋根や開口部(窓)などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のことを指します。
このUa値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能に優れた家といえます。

省エネ法の改正により2021年4月から住宅の断熱性能について、工務店や設計士からお客様への説明が義務化されることになりました。省エネ計算を実施し、その性能を正確に伝える必要性があります。

ポイント② 昼光利用と日射熱利用

窓の配置やサイズを工夫することで、自然光を最大限に取り入れ快適な空間を作ります。
昼光利用は昼間の明るさを室内に取り入れ、人工照明の利用を減らし照明エネルギーを削減します。日射熱利用は日射熱を取り入れて暖房に利用することです。高断熱の家+日射熱を利用することで、冬の時期の暖房効果が期待できます。
省エネ性能もUPします。
※立地条件、周囲の環境によって効果は異なります。

ポイント③ 通風

「風通しのよい家」を計画するうえで、日射利用同様に開口部の高さ位置に加え方位・防犯・プライバシーなど、細やかな配慮が必要です。日本の風は基本、南から北へ吹くと言われています(地域差、立地条件、季節よって異なります)。自然の風をスムーズに取り込むためには南北2面に窓を配置することが効果的と考えられます。また、空気は質量が軽いため上昇する性質があります。この性質を活かし、低い位置と高い位置に窓を配置することで換気に役立ちます。



「 0エネルギー住宅 」

「これからの住宅」
断熱で快適に、省エネで光熱費をおさえ、創エネでエネルギー収支0に!

ゼロエネルギー住宅とは

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、家庭で消費する一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。


メリット

光熱費の削減

ゼロエネ住宅は一般在来の住宅に比べ、光熱費を大幅に再現することができます。

健康

高断熱住宅を基本としたゼロエネ住宅は、室内の急激な温度変化を軽減させることで快適な暮らしと、健康改善にも効果があるといわれています。

災害時にも対応

ソーラー発電などの創エネに蓄電池を組み合わせるこよによって、災害時の停電にも電気機器を稼働させることができます。

地球環境保護

従来よりもより快適で心地よい暮らしを実現しつつ、温室効果ガスの排出量を削減する対策の切り札としてゼロエネルギー住宅は最も効果的です。

ゼロエネルギー住宅で、国から補助金がもらえます。

ゼロエネルギー住宅の条件を満たした家を建てると、国から補助金が支給されます。金額は以下の通りです。

■ ゼロエネ住宅:140万円(最大)
■ 追加加算枠:20万円~30万円

① 建築主が4月1日現在で、40才未満又は18才未満の子どもと同居の場合
30万円

② 全タイプで、3世帯仕様の要件を満たす住宅の場合
30万円

③ 地域材加算
30万円

※但し、②③④については、物件ごとにいづれか1つの加算となります。
(注)国の予算、補助金枠があり、着工時期~完成時期によっては補助金が受け取れない場合があります。詳しくはデプロホームにお問合せ下さい。

TOP