現場リポート

★吹き抜けの設計テクニック★

内装のクロス工事が始まりました。

内部なのに足場がある?

大きな吹抜があるため天井までの高さが5mほど…

内部足場を設置しないとクロスが貼れない。

吹抜って、空間を広く見せるメリットもあるが

デメリットもあるのでお客さまの理解が必要です。

お客様から吹き抜けについて一番多いご質問が

冷暖房の効率について!

当然、天井が低いのと高いのでは体積に違いがあるので

吹き抜けがある分効率は悪くなる。

「吹き抜けで広い空間にしたいが、空調も効率よくしたい」

そんなお客様に提案する僕のオススメは!

2階の廊下やホールと繋がらない吹き抜けだ。

リビングもしくはダイニング上部にのみ広さを確保し

空気の流れを最小限にする。

近年の家は断熱性能が高いのでシーリングファンを設置すれば

それほど生活に影響は出ないと考えている。

関連記事

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
家造りから資金計画、
土地探しまで!
なんでもご相談ください。
TOP